テニス上達のグリップ
  ENGLISH

テニスではその握り方グリップの概念なしでは上達できません。このサイトではテニスグリップに関しては握り方からショットまで解説します。

HOME | コンチネンタルグリップ

コンチネンタルグリップ Continental Grip

コンチネンタルグリップ握り方

 コンチネンタルグリップは簡単に言うとラケットのフレームで釘を打つイメージで「かなづち」のように握るグリップです。
実際には、グリップの位置は人差し指の付け根(下の図参照)が右の図の2の位置にあたる場所です。
または、親指と人差し指のV字の部分が1の位置にあたるとする教科書もあります。

決めるボレーを極めたい人に

 1 ボレーは振らない?
 2 グリップは本当にコンチネンタルだけ?
 3 ミッドコンチネンタルグリップとは?
        決めるボレーの打ち方はこちら

回転系サーブを極めたい人に

 1 フラットだけでなくスピンサーブ、スライスサーブなど回転を覚えることも重要!!
 2 グリップはコンチネンタル?
 3 打ち方のコツは時計をイメージ?
  回転系サービスの打ち方はこちら 

コンチネンタルグリップの利点

コンチネンタルグリップはどちらの面から見ても対称の位置にあるのでグリップチェンジをせずにフォアでもバックでも面を作ることが可能です。
このグリップはボレーに適しています。逆に言うと基本的にはボレーはこのグリップでないといけません。
サーブスマッシュを打つときも基本はこのグリップです。
ストロークであればスライス系のボールを打つのに適していますが、スピン系はかなり打ちにくくなります。

テニスラケットを正しいグリップで握るためには、グリップテープの選択も重要です。テニスグリップテープ売れ筋ランキングはこちら

ダブルス必勝46の動画パターン