テニス上達のグリップ
  ENGLISH

テニスではその握り方グリップの概念なしでは上達できません。このサイトではテニスグリップに関しては握り方からショットまで解説します。

HOME | セミウェスタングリップ

セミウェスタングリップ Semi-Western Grip

セミウェスタングリップの握り方

 セミウェスタングリップはラケットを地面に一度置いてそのままグリップを握ったときのグリップです。
コンチネンタルグリップと比べると約90度回転させた形になります。
実際には、グリップの位置は人差し指の付け根(下の図参照)が右の図の4の位置にあたる場所です。
または、親指と人差し指のV字の部分が3の位置にあたるとする教科書もあります。

フォアハンドストロークを極めたい人に

 1 ワイパースイングをマスターする
  ワイパースイングは高い打点のショットを返すのに必須のショットです。
        ワイパースイング 動画は参考になります。
 2 様々な回転を覚えることも重要!!
  石井弘樹のグリグリのフォアハンドストローク編はこちら

セミウェスタングリップの利点

このグリップはストロークで強いトップスピンをかけるのに向いているグリップで、一般的に厚いグリップと呼ばれています。
このセミウェスタングリップもコンチネンタルグリップと同様にフォアハンドに対してもバックハンドに対しても対称のグリップになっているのでグリップチェンジせずにフォアバック両方打つことができます。ただし、コンチネンタルグリップではフォアとバックで違う面で打つことになるのに対しセミウェスタングリップでは同じ面で打つことになります。

 軟式テニスのボレーではフォアもバックも同じ面でボレーするのでこのグリップが使われますが、硬式テニスのボレーに関してはローボレーを打つことが困難なのでこのセミウェスタングリップは向きません。

私は普段のストロークはイースタングリップですが、チャンスボールなどの高い打点のボールを打つときにはこのセミウェスタングリップを使うことがあります。イースタングリップよりも面が下を向く(かぶさる)グリップなので高い打点で打つのに向いていて、低い打点で打つのには不向きといえます。 ちなみにフルウェスタングリップはセミウェスタングリップよりもさらに厚いグリップで人差し指の付け根が5の位置にあたるぐらいのグリップをさします。

テニスラケットを正しいグリップで握るためには、グリップテープの選択も重要です。テニスグリップテープ売れ筋ランキングはこちら

ダブルス必勝46の動画パターン